株式会社 メディアネットワークス
 情報へのアクセスと質を高め、暮らしに安全と安らぎを提供する
 
 

メディアとしての社会貢献目標 【オープニングリリース Ver0.1】

 
  本事業を通じて目指す社会的効果は、下記です。
 

<生活者への貢献>


① 
初めて子育てを行う両親の、子育ての不安の解消

(医師の問診や指導を受ける事を前提に、両親も家庭で学べる補助的ツールを提供)

(急な病気でも、両親が落ち着いて対応できるよう、情報を整理)

 
  ②  障がいの残る病気や、家庭内事故、から子どもを未然に守る

(正しい予備知識をつける事で防げる事故の内容を案内)

 
  ③ 子育て者や周りの方々が知ることで、子どもを病気から未然に守る

(早い段階から正しい予備知識をつける事で防げる病気の内容を案内)

 

<医業への貢献>

  
④  医師と患者の対話の質の向上

(病院と患者さんの橋渡しとなるように、医療的な情報を判り易く整理)

(病院での診察が効果的に行われるよう、記録の取り方や観察のポイントをまとめる)

 
⑤  医師及び医療従事者の負担の軽減
 
(急患診療所や、救急急患対応(特に夜間診療)の負担が大きい為、その負担をICTのツールを使い軽減できるよう番組を構成し、視聴者の理解を得る事で、医療従事者の負担を軽減する) 
(短い診療時間では案内しきれない内容を整理して、在宅でも無料で視聴できるようにする)