調剤薬局 薬局 サイネージ モニター CM 掲示物 アプリ

株式会社 メディアネットワークス
 情報へのアクセスと質を高め、人々の暮らしに安全と安心を提供する 
 
 
Pharmacy Channelは、
デジタルサイネージやその他メディアを通じて
薬局が提供する情報の質を高め、
来店者が受け取る医療サービス体験の質を高めることを目指すメディアです。

 
 

 Pharmacy Channelの概要

  調剤薬局の待ち合に備付けのモニターを使用し、来局者に対するお知らせをいたします。

 番組としては、天気予報、ニュース、季節のレシピ、お薬についての情報など、老若男女問わず無難で、生活に役立つ情報を短い尺と編成で提供します。

 加えて、予防医療や健康情報、お薬の情報などの専門情報も提供する事が可能です。 

 また、動画制作に特化した弊社カスタマーデスクでオリジナル動画を制作し、全国のモニターで放映する事が可能です。

 動画で放映することで、見られることの少ない掲示板よりも効果的に、来局者向けのサービス案内(お薬手帳やジェネリックの案内など)ができるだけでなく、お知らせの共通化により、各店舗ごとで提供するサービスの平準化を進めることができます

 また、スタッフ向けの携帯で、放映されている共通動画の確認ができるため、店舗内でのサービス品質の均質化ができます。

 また、時間指定配信などの機能により、午前中は高齢者、夕刻はOL(待ち時間に日用品を購買)などのマーケティングをする事が可能です。

 

 Pharmacy Channelの視聴者

Pharmacy Channelの視聴者は、

生活者層

 健康に関心のある方

で、薬局側としては、門前などでリピートするユーザー層だけはなく、たまたま調剤薬局に初めて来たユーザー層です。

 駅前の調剤薬局などでは、できるだけ早くお薬を頂いて、便利に限られた時間で必要な情報とお薬が欲しい、というニーズがより強くあり、薬局へのロイヤルティーは高まりませんが、Pharmacy Channelの放映で、ロイヤルティーを高める事が出来るかもしれません。

 また、門前処方の場合は、疲れているので早く家に帰りたいというニーズがどうしても強くなりますが、快適なメディアを提供する事で、他店との差別化ができる可能性があります。

 Pharmacy Channelが提供する情報提供は、待ち時間を短く感じさせる効果があるだけでなく、限られた待ち時間に、薬局が提供するサービスについて親しんで頂き、薬剤師による説明の手間を省いてあげたり、お客様のブランドロイヤルティーを高めたり、イベントのお知らせをして再来店を促していく動機付けをする、などにつながります。

 来店者側としては、普段はなかなか親しみの無い、健康生活領域について、専門性のあるオリジナルな情報を受け取ることが可能な為、情報を有益と感じることができ、待ち時間を有効に生かすことができます。

 局内掲示板の代用としてのサイネージ

 施設の運営側から見た場合、見て頂くのになかなか工夫が必要なお知らせを、

紙の掲示物よりも視認率の高い動画で、大画面のモニターでお知らせできるという点に特徴があります。

「実際にはなかなか見て頂けない掲示板」を、

「強制視認:思わず見てしまう動画」に近づけていくことができるところに、

デジタルサイネージとしての長所がありあす。


 

以上


 

 

 
 
 
マルチディスプレイ