弊社は、業務用基幹システムとしてのクラウド・セキュリティー技術の提供や、カルテ向けPCの製造などを行う会社です。また、2009年より、医療啓発分野を中心に、ICTメディアの運営やCSR活動、政策提案などの社会貢献を行う会社でもあります。2020年からは、子どもの未来を作る事業に挑戦する、をミッションに加えました。病院待合デジタルサイネージ MNクラウドの提供や業務用 PC STB KyoshibaセルPCの製造などを行っています。

株式会社 メディアネットワークス
情報と製品の提供品質を高め、人々の暮らしに安全と安心を提供する 
 
子供の未来/高齢者の生活を支える事業の実施により、
 日本の少子高齢化の構造的課題の解決に取り組む
 
科学的な手法に基づき商品やサービス、 事業を開発し、
   企業・公共団体・起業家・研究者をサポートし
   社会課題の解決を図る
  
 代表ご挨拶 ~ Our Mission as a Media Operator and Advanced Technolody Developer
 

代表ご挨拶 ~ Greeting 

当社は、社会インフラ系メディア事業の運用と、PC・映像表示用機器を中心とした機器の開発・製造および、通信・クラウドシステムのサービス保守・運用を主力事業として、   

    「産業が必要とするものを、すべて、作り、実現する」

 を創業来のミッションとして掲げる、R&D(Research and Development)型の技術系ベンチャー企業です。技術習得のため、自社でも社会インフラを運営していますが、創業来、メディア事業以外の売上の80%以上は企業向けの受託開発でした。

 当社は、病院や学校などに提供する社会インフラを、高い技術レベルで運用するために、メディア事業だけではなく、通信事業者として、通信や通信機器の制御および開発も行い、また、ネットワーク部材や映像表示システムを中心に、製造業も行っているところに特徴のある会社です。

 また、創業来、13年間、自社事業だけでなく、他社事業やシステムサービスの受託製造監理、保守運用サポートを行ってきました。その結果、そこから派生して、サポート部門として発生した事業部門にて、銀行、病院、薬局、学校、学会、国のサービス向けなど職域向けに、動画制作や翻訳・広報物の制作を行うなど、顧客サポート / サービスにも強み、とフォーカスのある会社となりました。

  私たちは、お客様が実現したい夢を実現すること、に喜びを覚える会社です。既存の事業は大切にしつつ、なるべくたくさんの新しいことに挑戦したいと思っています。

 製造・システム開発部門では、3つのバリュー(行動指針)に沿って行動し、システムおよびハードウェア開発、製造管理、保守運用を行っています。

ODM・MS事業 3つのコアバリュー

Value 1:「確かな技術をベースに、少しだけ時代の先を行く開発」を通じて、
Value 2:「お客様に、驚きと感動を提供」し、
Value 3:「納品後も、確かな運用を実施する」

メディア運用・コンテンツ部門では、以下の3つのバリュー(行動指針)に沿って行動し、コンテンツ制作および、自社メディアだけでなく、他社や公共団体の委託によるメディア運用・保守を行っております。
 

MS事業、PPR事業 3つのコアバリュー

Value 4:「安全と安心につながる情報提供に努める」
Value 5:「情報提供の品質と、アクセスの利便性の両方を同時に高める」
Value 6:「公的価値を提供するメディア開発・保守・運用し、コンテンツ制作を行う」

上記指針のもと会社を運用した上で、当社は

「テクノロジーの未来を描いて、社会の未来を予測し、実現する」
「メディアの開発と運用を通じて、世の中の役に立つ」

ことをビジョンとして掲げ、目指しています。職域メディアである、ホスピタルチャンネルや、シルミルマモルは、社会貢献のために、運用しているメディアでもあります。
 
地味で地道な会社ではありますが、今後も、今までと変わらず堅実、それでも驚きの貢献ができる、「挑戦し続けるベンチャー企業」でありたいと願っております。
 
会社を育て支えてくださったお客様の過去のご期待と将来のご期待に背くことが無いよう、今後も進化と成長を続けたいと思いますので、皆さまからの倍旧のご指導をどうぞよろしくお願いいたします。
 
令和4年7月1日
代表取締役 柴田 博史


    (Photo:Hiroshi Shibata,ローマの水道橋にて)
『ローマは一日にして成らず』
 

代表者略歴ご紹介

ファウンダー / 代表取締役 / 営業本部長 柴田 博史 49歳

 
 2010年より現職。2015年~2020年はCTO、2020年~2022年は、コロナ対策期の会社変革のため営業本部長に帰任しまして、現在は営業本部長の辞任準備中で、2023年1月より、再度、CTO及び新規事業立ち上げ責任者に帰任します。メディアネットワークス社では、主に新規事業、商品・技術開発業務の推進を担当してきました。
 
 同社を起業する前は、政府系機関・国際機関・投資会社で各種ファイナンス・調査・M&A・投資・企業再生の経験を積んだ後、32歳でベンチャー企業のUSENにて営業部長、事業部長、ゼネラルマネジャーとして、事業運営・業務提携責任者・営業責任者(衛星放送 / インターネットメディア / 職域メディア)を務めました。当時、珍しい、携帯MP4端末での動画配信事業を、米国アップル社やYouTubeなどのサービスなどに先駆けて、日本で初めて(世界で2番目に商品化)に開始し、モバイル視聴用の動画端末を、大手メーカーと共同開発した経験もあります(商品企画、R&Dから商品投入までを担当)。
 
   前職より通算し、現在まで15年、メディア事業の運営責任者を務めています。
 
 
 また、27歳の時に、金融機関を退職し、プロジェクトマネジメントに特化する会社を立ち上げました。会社を立ち上げた理由は、できるだけたくさんの会社と、会社とは関係なく、自由にお付き合いがしたかったからです。自分が実力をつければすごい会社とたくさん仕事ができるのではないか?、今でも、その思いは変わりません。そのころから変わらぬスタンスで、私は、なるべく社内におらず、社外と協力し進めるプロジェクト型事業に時間を割いており、顧客向け新規事業開発のプロマネとコンサルティングも再開しています。私が担当をさせていただいたお客様のうち、3社が、厚生労働大臣賞を受賞しています。そのことは、私自身、とても嬉しく誇りに思っています。
 
 お客様に対しての尊敬や、仕事のやりがいは大切なので、今後も、あまり自社の立場にはこだわらず、企業の立場に拘らず、地球市民の一人として、皆さまと一緒に新しいサービスを作る事に挑戦したいと思っています。
 
 また、10年単位で続ける社会貢献の一環として、行政制度についての調査業務や政策提案も、会社のICTメディアや、取引先ネットワークを活用して行っており、医学会の実証実験の共同実施にも長年協力しており、例えば、母子手帳向けに、無償動画の提供も行っています。
 
 また、一部のパートナー企業の創業・PR支援や、創業投資も行っており、必要があれば協力会社として、ノーリターンの投資や寄付、顧客紹介、事業支援のための、職員の派遣も行います。
 
京都大学文学部 史学科 西洋史学科卒(1997年)/
マサチューセッツ工科大学 建築学部 都市計画学科卒(2001年)
 
和魂洋才、文武両道という家訓のもと、法学者、文学者の父母、姉二人のもと京都で生まれ育ちました。
一児の父です。
 
尊敬する経営者は、本田宗一郎、井深大、スティーブジョブス、ジェフベソス他です。