調剤薬局 薬局 サイネージ モニター CM 掲示物 アプリ


株式会社 メディアネットワークス
 
情報と製品の提供品質を高め、人々の暮らしに安全と安心を提供する 

子供の未来/高齢者の生活を支える事業を運営する

調査・コンサルティング・Incubation・投資・組織化を通じ、企業・公共団体の想いの仮想・実装化を補助し、運用責任までを担う
Pharmacy Channelは、デジタルサイネージや、その他メディアを通じて、薬局が提供する情報の質を高め、来店者が受け取る医療サービス体験の質を高めることを目指すメディアです。

2013年に、調剤薬局向けデジタルサイネージ
Pharmacy Channel (ファーマシーチャンネル)事業を、日立システムズ社より事業譲渡により買取り、以降、一部施設にてサービス運用を行っています。

ミッションステートメント
 
2019年に、Pharmacy Channelの事業ビジョンとミッションステートメントを再定義しました。
 
Pharmacy Channelは、
 
「顧客のサービス体験を改善し顧客のロイヤルティーを高めるために、
 医療や健康に関する情報をお届けする」
 
メディアとなります。
 
 私どもは、医療機関向けのサポートを12年以上続けてきた経験から、薬局については地域医療の橋渡しとして、高齢化、過疎化、医療過疎化など様々な課題に対してより重要な役割を果たしていくことを想像しています。
 
 その課題解決のお役に立ち、医療のすそ野を支え、患者さんとそのご家族がより良い医療生活・健康生活を送ってていけるような街をつくる為に、事業運営を行い、納品先の調剤薬局様のサポートを全力で行います。
 
 

 Pharmacy Channelの概要

設営

  調剤薬局の待合に、備付けのモニターを壁掛け・天吊りなどの方法で設置し、モニターでの情報提供を通じて来店者に対するお知らせをいたします。門前店などでは、お薬の処方呼び出しなどと画面を併用する事例もあります。

番組

 番組としては、天気予報やニュース、季節のレシピ、子供向けリラクゼーション動画など、老若男女問わず無難で生活に役立つ情報を、短い尺と編成で提供します。

毎月の番組については、毎月お客様宛てメールで送られる番組表にてPC・携帯の両方で閲覧可能です。

生活情報
ニュース(時事)天気予報ヘルシーレシピ教養・リラクゼーション
 
 また、予防医療や健康情報、お薬の情報専門情報も提供する事が可能です。 
医学・薬学 専門情報
おくすり基礎知識漢方医学シリーズ
 
 さらに、お客様向けのオリジナル動画として、当社カスタマーデスクと編成部にてサポートを行い、薬剤師や管理栄養士が発行する定期刊行物などを、動画にして放映するお手伝いも致します。
定期刊行物動画
減塩食レシピのご案内
監修 管理栄養士 山田 花子
服薬を簡単に、ワンポイントレッスン
●X薬局 薬剤師 山本 洋子

カスタマーデスクでのオリジナル動画制作
 お客様毎に制作ディレクターが担当し、製作スタッフを配置し、月~土曜日の制作サポートを行っています。動画制作に特化した弊社カスタマーデスクでオリジナル動画を制作し、全国のモニターで一切に、ないしは、個店独自に放映する事が可能です。

動画放映の効果例① サービス平準化

 動画で放映することで、掲示板の張り紙などよりも効果的に、来店者向けにサービス案内(お薬手帳やジェネリックの案内など)ができるだけでなく、薬剤師などが提供する案内(例えば糖尿病患者さんへの食事指導内容などをQRコードで伝えて、WEBサイトで視聴)を加えるなど、各店舗ごとでサービスの案内や平準化を進めることができます。

 また、放映用動画の一部を、お客様専用のWEBサイトなどで御確認頂く事も可能です。それにより、サービス案内を、全社員が共通の素材を利用して意識し、把握することができます(例:薬剤の管理についての考え方など)。

動画放映の効果② ターゲット告知

  また、時間指定配信などの機能により、午前中は高齢者、夕刻はOL(待ち時間に日用品を購買)をターゲットとした案内などのマーケティングをする事が可能です。

   例えば、

A)夕方 

「当店では、処方箋をアプリで写メで送って頂ければ事前にご用意をします」などと伝える動画を夕方に多めに放映し、夕方には、アプリのダウンロードとアプリでの来店処方予約を推奨し、「日用品の買い物も含めた夕食の買い物をしながらお薬を受け取りに来るOL層を取り込む」ための放映プログラム。

B)朝方 

高齢者をターゲットに、「健康に関する豆知識」「毎月・毎週・毎日更新されるコンテンツ」を多めに朝方放映し、高齢者の帰納客に店舗に対するロイヤルティーを持ってもらう、などのマーケティング戦略を効果的に運用することができます。

<職域教育での展開:研修など>

 また、当社では、調剤薬局向けのサービスとして、スタッフ向けに放映されている共通動画の確認を携帯で確認できるようにすることが可能です。また、研修用動画を、お客様専用研修用サービスサイト内に格納して視聴可能にするなど、お客様の店舗支援活動にも力を入れます。

 その際に、当社のサービスとサービスインフラが使用できます(当社の制作部門は、企業向け採用、研修動画の制作も行っており、また、学校向けにZOOMオンライン教育のサポート業務を行うなどをしております)。

職域向け動画利用の例 人事部による、採用者向け説明会動画(他業種事例)                                   24時間在宅介護を行う事業者パーソナルアシスタント町田の採用者インタビュー動画

<顧客向け医療セミナーの開催>

当社では医療分野での患者会の支援活動なども行っており、患者会の研修用動画の放映サポートなども行っております。処方が必要なお薬を持つお客様向けに、店舗でのセミナー開催や、オンライン交流会を行うこともお手伝いします。

顧客向け動画利用の例 患者向けワークショップ(配布物+動画)(他業種事例)           偏食・小食な子供への対応を学ぶワークショップ動画(児童心理学者セミナーの翻訳動画)

<MRセミナーの店舗内開催>

 MRによる動画オンライン・双方向での研修を、店舗内のサイネージを利用して、リモコン1つ、携帯からの操作で行うことが可能です。必要がある場合、ライブストリーミング対応なシステムとハードウェアを、各店舗に備付・ご提供いたします(年間契約必須)。 

 Pharmacy Channelの視聴者

Pharmacy Channelの視聴者は、

生活者層

 健康に関心のある方

で、門前や、駅前や商店街などでリピートするユーザー層だけはなく、たまたま調剤薬局に初めて来たユーザー層です。

 駅前の調剤薬局などでは、できるだけ早くお薬を頂いて、便利に限られた時間で必要な情報とお薬が欲しいというニーズがより強くあり、ただそれではなかなか薬局へのロイヤルティーは高めることが難しい面があります。ですが、Pharmacy Channelの放映で店舗とサービスの特徴を訴求し、来店者のロイヤルティーを高める様々な施策を取ることが可能です。

 また、門前処方の場合は、疲れているので早く家に帰りたいというニーズがどうしても強くなりますが、快適なメディアを提供する事で、お客様が快適に感じてお待ち頂き、他店との差別化ができる可能性があります。また、備え付けの雑誌なども用意して、患者さんに満足していただくことができますが、コロナウィルス感染症対策などで、雑誌は省略する傾向があるなか動画での訴求は有効です。

効果
 Pharmacy Channelが提供する情報提供は、待ち時間を短く感じさせる効果があるだけでなく、限られた待ち時間に、薬局が提供するサービスについて親しんで頂き、薬剤師による説明の手間を省いてあげたり、或いは薬剤師による専門性の高い案内を伝えてあげて地域密着型で有る事をお客様に感じて頂いたり、などの様々な施策により、お客様のブランドロイヤルティーを高める事が可能です。加えて
、イベントのお知らせをして、再来店を促していく動機付けをする等、にもつながります。

 来店者側としては、普段はなかなか親しみの無い、健康生活領域について、専門性のあるオリジナルな情報を受け取ることが可能な為、その店舗で得られる情報を有益と感じることができ、待ち時間を有効に生かすことができます。結果、それはブランドロイヤルティーにつながります。

 まとめ 店内掲示板の代用としてのサイネージ

 施設の運営側から見た場合、見て頂くのになかなか工夫が必要なお知らせを、紙の掲示物よりも視認率の高い動画で、大画面のモニターでお知らせできるという点に特徴があります。

「実際にはなかなか見て頂けない掲示板」を「強制視認:思わず見てしまう動画」に、近づけていくことができるところにデジタルサイネージとしての長所がありあす。

  その他、技術仕様メモ

MNクラウド for Pharmacy(調剤薬局向けデジタルサイネージシステム) とは

 
 MNクラウド for Pharmacyは、従来型の放送型の、ただ広告を流すだけのデジタルサイネージに代わる、薬局内での広報や啓発、医療案内、番号待ち・待ち時間表示(分割表示)などの為の自動化・共同配信型のシステムです。
 
 MNクラウドという配信サービスは、病院、クリニック、健診センター、健診室、検査室、救急医療センター、健診センター、ケアセンター、薬剤部、調剤薬局、ショッピングモール、駅構内など全国で980施設程度で利用されている配信システムで、当社のメディアセンターでは、オンライン/オンサイト保守により全国で機器やネットワーク保守まで行っています。
 
お客様の導入ニーズとしては、
 
 薬局のサービス差別化要因としてある、待ち時間対策(特に門前)
 薬局経営者より要望として多いサービス効率改善や増収を目的とした告知(オンライン服薬指導など)
 番号表示・呼出しの付随機能として、待ち時間でのニュースや天気予報など付加価値情報提供
 服薬指導など薬剤師の説明時間が足りない時間に対する補足
 
 など
 
様々なニーズとパターンで導入されるお客さまを対象としたサービスです。
 
特長は、当社は業界の中で最後発企業ながら、創業以来、徹底した努力により、サービス品質で全ての他社より優れていることを目指している結果です。
 
安定したコストパファーマンスと全国対応
 
 A) 価格が柔軟で経営努力の結果、サービス提供内容と品質比で抑制されており、
   同等品質では業界最安値であること
 
 B) 医療関連の医療監修付き広報コンテンツサンプルが、800を超え豊富であること
 
 C) オリジナル動画の制作が月額費用の中で無料で行えること
 
 D) 日本全国で技術サービス要員が、オンサイト保守を無料で行っていること
   全国での通信工事実績があること
 
 E) 導入時の大型工事(LAN延伸1キロメートル、光延伸など)も自社で施工管理する事が
   可能な為、院内の館内地図や完成図書の管理(20年後まで図面を保管など)が出来る事
   により、大型ショッピングモールでの保守管理も行えること
 
 F) 待ち番号表示・音声呼出し組込みが1画面で可能な為、
   初期導入コストが60%以下に抑えられる事
 
 G) 全国で当日駆け付け保守(スポット保守)を提供可能で、待ち番号や番号呼び出し
   などの保守までワンストップで委託できる事(予め保守契約により有償加算)
 
 H) 機器は標準3年保証となっておりTV、PCともに平均機器保守期間5年を目安として
   運用を行っており、結果としてお客さまのコスト削減を長期的継続的に行っています。
 
安心のICT技術/セキュリティー対応
 
 I) セキュリティー的に脆弱なFlashをコンテンツに使用せず、
   また、業務用のWin10 Proを使用し、個人情報の漏洩が経営上のリスクである病院や、
   銀行などのセキュリティーレベルに合わせた保守管理が可能である事
 
 J) セキュリティー上、よりハッキングが容易なAndroidシステムの使用を禁止しており
   施設のセキュリティーを守る運用をしていること(カルテ連動対応事例有り)
 
 K) 機器の耐久年数が平均5~7年と保守部材の確保(電力プラントなどでも共通部品を使用)
   含め、長期で長期保守を前提とした運用を行っている事。機器の性能が高く、
   故障率が非常に低い事
   (例:業界スタンダードStickPCの平均故障年2~3年に対し、全施設平均7年の耐久)
 
 L) 通信事業者として、通信モジュールの開発と制御を、自社でも通信制御の経験が高く、
   システム部による、故障の判定能力が高い事(その為低価格でのサービス提供が可能)
 
  
簡単な事から高度なことまで:安定した運用と保守
 
 L) 一つの管理コンソールから、
 
     設置個所毎に
     放映時間毎に
     放映曜日毎に
 
       異なる放映内容を簡単に指定・配信分け
       配信予約
 
   などができます。
 
   (内容例:オンライン服薬指導の有るエリア店舗のみ、サービス案内を追加など)
 
 M) 携帯電話からのテロップ書き換えも可能なので、クリニックなどでPCが支給されていない
   スタッフでも運用ができます。
   (緊急事態宣言時の営業時間の変更のお知らせなど)

 N)  店内管理用途の配信と、院内患者向けサイネージの両方を
    一つの管理コンソールで管理できる(ZoomでのMR勉強会など)

 O) 全館停電時の自動復旧や、故障復旧(落雷による機器不調時の遠隔点検・復旧)も可能

 P) 故障等の事故時のサポート応答時間、平均約5分(Live Chatによるサポート)
 


技術拡張性
 
  Q)自社施工による天井裏配線などによる増設や、通信モジュールの建物内構築などの対応も可
 
  R)待ち時間表示など、ベンダー連動もベンダー毎に対応可
 
  S)番号待ち表示などの画面組み込みも可能です
 
  T)  タッチパネル制御も可能(レジ前、タブレットでの配信の場合)
 
  U)音声呼び出しや、自動翻訳も実装可能です


安定の低価格
 
  V) Windowsの5年以内のシステム更新費が他社比低い
  (84%削減の実例:5万円  vs 他社30万円) 
 
  W) 年払いにより、実質3~5%のコスト削減が可能
 
  X) 予約システムや、待ち番号表示との連動により保守コストのワンストップ化→圧縮可能
 
特別経済条件:小規模薬局向け 特別支援プラン
 
  Y)薬局開院時赤字期間の経済負担を、初期12ヵ月間押さえるため、
   ステップアッププラン
   (月額5,000円~、初期費用 最小5万円、の6か月トライアルプラン。
   ただし機能制限あり)をご用意しています(4月、5月、8月申込のみ受付の限定プラン)。
 
 
 
 
「患者さんの待ち時間の退屈を有効な時間に変えられる」

「薬局からのお知らせなどを、
 張り紙以外の方法で効果的に伝えることができる」 
 
「各店舗での院内掲載物掲示の手間が省ける」 
 
「呼出しの邪魔にならないで、有効な広報を実現できる」
 

ネットワーク構成の最小化


 
 MNクラウド for Pharmacyは、故障や摩耗・耐久性の確保の為、機器の監視を1秒毎に行っていますが、ログのデータは全てサーバー上に保管されます。
 
 MNクラウドでは、ハードディスクに大きな容量を確保する必要がありません。
 そのため、高性能(監視ログの閲覧可)でありつつも、PCやSTBを最小構成にすることができるため、コスト・ハードウェア負荷の両面で優れています。
 
 また、コンテンツは回線スピード、混雑状況に応じて「分割配信」されますので、4Gを使って配信する事も可能です。Wi-FIとも周波数帯域も異なるため、その際に、例えば大容量のCT画像データやPACデータなどのトラフィックを干渉する恐れはありません。 

安定した機器

 
 
 MNクラウド for Pharmacyは、故障などが多いスティック型などのサイネージシステムや、セキュリティー面で脆弱性の恐れがあったり、熱暴走により再起動をしてしまう事の多いAndroid / Chorme型のサイネージなどとは異なる、業務用のSTB(Windows10 Pro / Linux) を利用してサービス提供を行っております。
 
  それにもかかわらず、集中購買及び自社製造により、他社商品の約75%くらいまでに機器のコストを抑えています。
 
 機器部材については、映画館、商業施設などで5~7年使用する高スペック機器をデジタルサイネージ用途にも使用しており、最長12年の機器保証が可能です。
 
 機器の故障発生率が1%を超えると、365日のうち3日エラーが出ます。
 それは、業務用品質のサービス品質では許されない事です。
 
 弊社のSTB機器のエラー発生率は、2年以内で0.1%以下となっております(特殊環境・特殊仕様除く)。
 
 また、STB機器については、機器性能に応じて、2~5年の保証を致しますのでお客様はご安心です(修理や故障の多い機器に悩まされる事はありません)
 

ネットワーク安全性~独立性の確保、セキュリティーソフトの常駐(VPN化)

 
 
 ネットワークとのセキュリティー面での同期をとるために、弊社では、機器の外部アクセスを制限・コントロールした上で、病院が使用するものと同じウイルスソフトを導入することができます。また、MACアドレスなどによる端末の登録や予備在庫の管理も行うことができます。
 また、ルーター経由の動的アクセス、Wifiでの接続なども可能なことに加え、LTEを独立したネットワークとして使用する事で、ネットワークの優先順位の混雑を回避する事も可能です。  

安心のカスタマーサポートによる業務最小化


 
 総務・医事担当者の運用負担の最小化を行うために、専用のカスタマーデスクを開設しております。
 カスタマーデスクにて制作したイラストやスライドムービーを、「放映予約」
したりすることが可能ですので、担当者の方の負担は最小限に抑えられています。
 
 或いは、日中担当者の方が更新した内容を、必ず夜に書き換える「自動化」などの設定も可能です。
 

運用や利用方法

 
導入をご検討される方向けに、下記ご案内致します。

 利用方法①
 利用方法②
 標準動画やオリジナル動画の利用
 
 補助ツールとしてのIpadの利用
Ipadなどでの問診や検診案内サポート
 高いサービスクオリティ
 安定した技術サポート
充実したカスタマーサポート:院内掲示物の制作が無料です
 WEB連動
番号待ち表示の表示など、特定のWEBサイトと
連動したサービスが可能です

サイネージで表示している休診情報を、
そのままWEBで同期する事もできます


価格体系

       
MNクラウド for Pharmacyでは、ハードウェアも含めたご提案を致します。
 
MNクラウドの標準価格体系は、こちら MN準価格体系
  
より詳細なお見積りにつきましては資料請求にご連絡先を頂きましたら、5分程度お電話にて質問をさせて頂き、概算お見積り書を作成し郵送させて頂きます。
 
下記資料請求ページにて、「概算見積書希望」とお知らせください。
 
  また、壁強度や天井裏配線、既存テレビの利用の可否などの現調についても日本全国(離島含む)無料で行います。
 


よくある質問 FAQ

 

 Q  開院時にコストを下げるため、工事を施工会社に任せる事は可能ですか?

 

 A  はい。可能です。
         その場合は、ネットワーク図、電源設置図、施工図を弊社が作成するか制作の

   サポートを施工会社に対して行い、必要に応じ現場監督も派遣します。

  
   

 Q  開店時に工事を弊社に任せる事は可能ですか?

 

 A  はい。可能です。
         その場合は、工事会社を予め決めた上で、弊社の担当者が監督者として、
         工事施工に立ち合い指示を出します。

 

 Q  工事費を下げるためにはどうすれば良いですか?

 

 A  施工時に組み込むか、後施工で工事費を下げます。事前に予めご相談ください。

  

 Q  導入の際に何が必要ですか?

         また、お打合せから導入まで、どのくらい時間がかかりますか?

         また、どのように進めればよいですか?

 

 A  資料請求からお申し込み、サービス開始まで最短で、

   2週間(台置き型)

   3週間(壁掛け型)

   4週間(天吊り型、及び50メートル以上のLAN工事を伴う場合)

      を頂戴しております。

 

  なお、既にあるテレビを使用し、LTEでの配信(別途料金を加算します)

  を行う場合は、最短3日での使用が可能です。

 
お打合せ内容は下記となり、約2回お打合せが必要です。
 

   開始当日までに、ご担当者様にご用意いただくものは、設置図面、広報素材、

   電源工事・LAN工事の手配、ネットワーク設定の確認、のみとなります。

         弊社にてLAN工事を行う場合は、4週間前のお申し込みが必要となり、工事日は、

   水曜日、土曜日の何れかとなります。

 

  

 

 Q  現在、病院で使っているテレビ(民生品)はそのまま使用できますか?

 

 A  業務用テレビに買い替えずとも、今のテレビのままサービスを利用できますか 

 
 今あるテレビでのサービスを利用する際は、テレビがHDMIまたはVGA、DVIを使用していることが必要です。

 Q  安定経営の為、固定費を下げたく、月額費用を下げる方法はありませんか?

 

 A  少額ではありますが、カード、口座引き落としでの年払いの場合、少量のお値引きがございます。また、新規開院の薬局や医院の場合、「開店割引」という特別プラン(2年間の割引)が有ります。 詳しくは営業にお問い合わせください。