病院 デジタルサイネージ 待合室 ホスピタルチャンネル待ち時間 待合くん

株式会社 メディアネットワークス
 情報へのアクセスと質を高め、人々の暮らしに安全と安心を提供する
 
 
  ホスピタルチャンネルとは
 
ホスピタルチャンネル(旧ReifeTV)は、病院での長い待ち時間に対する患者さんのイライラや不安を解消し、健康を願うすべての人々の暮らしと生活を支えるメディアです。
 
ホスピタルチャンネル番組に加えて、ニュース、天気予報、院内情報配信を行う場合は、MNクラウド for Hospitalという配信システムを使用します。
 
弊社は、関係各位の協力により支えられたメディアを運営し、情報を提供することで、
人々の暮らしと健康を支えます。
 
また、高齢化社会の本格到来に向け、今後最も重要な施設となる、医療機関による情報提供をサポートすることで、医療機関とともに、地域医療システムを支えていきます。
 
 
  お問合せ
 
 
ホスピタルチャンネルの、広報掲載物サンプル請求、制作依頼、新規設置などのご相談は、こちらのカスタマーセンターに御問い合わせ下さい。
 
TEL: 03-6661-0028
    (ホスピルチャンネル事務局) 
 
    (ホスピタルチャンネル カスタマーデスク)
     24時間365時間受付
 
緊急ご連絡先: urgent@medianetworks.co.jp
 
  サービス導入
 
ホスピタルチャンネルの導入をご検討の皆様には、後継サービスとしてMNクラウド for Hospitalをご案内しております。改めて資料が必要な方はこちらにご連絡をください。
 
ホスピタルチャンネル(AEDラック台付きサイネージ)については、運搬の重量が重いため、現在、首都圏1都5県、のみでご対応をさせて頂いております。それ以外のエリアについては、MNクラウド for Hospitalにてサービス提供をしております。
 
また、台置き型のトライアル利用、貸出しについては、随時行っておりますので担当にご相談ください。
 
キャンペーン
  • 弊社では、軽量モニターでの壁掛け廉価版デジタルサイネージを推奨しています。
  • 壁掛けタイプなどをご検討の前に台置きでのトライアル無償貸出しプランなどもご用意しています。
  • ホスピタルチャンネル顧客の病院様にて、壁掛け型増設の場合、32インチディスプレイ無償、のサービスを行っております。
  • また、弊社がお勧めする減災対応型サイネージを導入される方には、関係各社と調整の上、AEDを無償で寄贈しております(詳細、実績については御問い合わせ下さい)。
その他、 導入前/導入後のよくある質問についてはこちらをご覧ください。
 
  ソフトウェア/ サービスアップデート

<お客様へ>
 
2009年以降の、サービス/ソフトウェアアップデートの状況は以下の通りです。

ホスピタルチャンネル サービスアップデート

  • 市町村区レベルのエリア天気予報の表示を行う事が可能となりました。
  • 緊急地震速報の割り込みを行う事が可能となりました。
  • 緊急地震速報掲示用の、立て看板型サイネージの無償提供が可能となりました。
  • 32インチディスプレイを、増設時に無償提供できるようになりました。
  • 休診情報などを自席のPCからPowerPointで書き換え番組内に表示できるようになりました。
  • テロップのみの書き換えを、WEB管理画面から行えるようになりました。
  • MNクラウド for Hospitalヘの定額移行プランをリリースしました。
  • AEDの交換を無償で行うスキームを構築しました。

ホスピタルチャンネル ソフトウェアアップデート

 
StandAlone/Network配信型:    Version 2.0-2.3、3.1
 
NEW  待ち時間表示機の組み込み(番組サブ画面での表示)が可能となりました。
     Windows7/8/10対応を致しました(更新を無償化しました)
     院内広報枠利用可(60枚まで増枠)
     テロップ配信可(3分に1本に増枠。全10種類)
     広報掲載物共有ライブラリー利用可
     毎日新聞社ニュース/NHK1分間ニュースの放映可
     天気予報提供可
     日付け指定、時間指定配信可
     番組表確認可
     施設による、手差し更新、書換え、割込み配信
     日付け指定、時間指定配信可 
     タイマー管理(オンサイトでのタイマー変更可)
     複数拠点配信可
 
TV制御型:      Version 1.0
 
     時間により、TVとサイネージを切り替えられるようになりました。
 

ReifeTV

 
     放送型デジタルサイネージとなります。バージョンアップは行っておらず、
      配信型の MNクラウド for Hospital(月額15,000円 ~ 制作年間最大135枚、ニュース・院内情報のクラウド配信)への移行をお願しています(10年サポート既顧客には、特価対応を致します)。 

メディアタブ

 
タブレット制御型:   Version 2.0
 
     クラウド配信による、Ipadへの配信が可能です。受付の案内板などにご利用頂けます。
     Windows10タブレットへの配信も可能となりました。
 

メディサイン

  
NEW  WEB表示型の、地域医療推進の為のサインボードをリリースしました
      (32インチハードウェア無償、設置 5,000円、月額2,500円となります)。

MN Window

  
     仮想デスクトップから、院内情報の書き換え、が行えます。
      (ハードウェア5万円、月額10,000円/1式、1ディスプレイ当たり500円追加、となります)。

NHK 1分間ニュース

 
デジタルサイネージの番組や広報の合間に、NHK1分間ニュースの放映が可能です。
 
     日々の最新ニュースを1分に凝縮
     音声なしで、配信の設置環境を選びません
     映像に加え、テロップ(テキスト)で内容を分かりやすく解説表示
     「政治・経済・社会・国際・文化・スポーツ」分野からニュース構成
 

共同通信 フォトニュース

  
時事ニュースの配信が可能です。
 
     日々の最新ニュースを1日12回更新
     音声なし、写真付き文字ニュースで楽しく見れます
     「政治・経済・季節・文化・スポーツ」分野からニュース構成(全10枚)
 

日経BPマーケティング社提供 待合くんの提供

  
日経BPマーケティング社提供 待合くんの提供が可能です。
 
     全500種類以上の医療・健康コンテンツの利用が可能
  • 32インチディスプレイについては増設時に無償提供できるようになりました